鼻づまり解消法について


鼻づまり対策はどうしたら良いのでしょうか?鼻づまりになると頭がボーっとして集中力が無くなりますし、鼻づまりで寝苦しい思いをしている方も多いと思います。口で息をしているので、唇や喉が渇いて咳が止まらないという方もいます。とくに花粉症などアレルギー性の鼻づまりは本当に辛いものです。
このサイトでは鼻づまりを解消してスッキリしたいという方のために簡単な鼻づまり解消法を紹介しています。ぜひ参考にして下さい!

スポンサードリンク

鼻づまりの原因

鼻づまりの原因は様々ですが、主な鼻づまりには風邪などによるウィルスが原因のものや、花粉症などのアレルギー性鼻炎のものがあります。まず、風邪の場合ですが、かぜのウィルスが気管支や喉、鼻の粘膜に感染して鼻ずまりを起こります。感染した鼻の粘膜はうっ血するので多量の鼻水が出るのですが、細菌の感染が悪化すると鼻水が黄色い膿(蓄膿症)になります。また、アレルギー性鼻炎による鼻づまりは、花粉などアレルギー物質に体の免疫システムが反応し炎症を起こします。鼻粘膜が炎症を起こせば、風邪と同じように蓄膿症へ悪化する可能性があります。ほかにも鼻粘膜の自律神経異常が原因となる血管運動性鼻炎、鼻炎が続き鼻粘膜の腫れが慢性化した肥厚性鼻炎、鼻中隔が曲がっていることが原因となる鼻中隔弯曲症などが鼻づまりの原因となります。
鼻ずまりになると頭に酸素が回らなくなるためボーッとしてして集中力が低下して眠気をさそうことがありますが、鼻づまりが原因で睡眠障害となり寝不足になることもあります。鼻水が出るため常にティッシュペーパーを手放せなくなりますし、まずは厄介な鼻づまりを解消することが大切なのです。

鼻づまり解消法

鼻づまりを解消するには様々な方法があります。まず風邪などの鼻づまり解消法といえば市販の医薬品を使っている方が多いようです。薬局やドラックストアーなどでは鼻づまりや鼻水を抑える成分の含まれた飲み薬や鼻炎スプレーなどの点鼻薬などの市販薬がたくさん並んでいます。鼻腔を広げ呼吸を楽にする鼻腔テープなども鼻づまり解消に効果的です。ただし、医薬品に頼っていると効果が薄れてくるとも言われており、できるだけ薬に頼らない鼻づまり対策をした方が良いという方も多いようです。
また、インフルエンザなどウイルス性の風邪症状や花粉症のようなアレルギー性鼻炎など悪性の鼻づまりは悪化することがあるので、専門医のもとでの治療を心がけましょう。鼻づまりの治療法にも様々な方法があり、蓄膿症などの慢性的な鼻づまりで悩んでる方にはレーザー治療という治療法もあります。鼻づまりの症状に合わせた適切な治療方法が、1日も早い鼻づまり解消につながります。鼻づまりが長引く場合は、決して無理をせずに専門医に相談するようにしましょう。

花粉症と鼻づまり

花粉症を患っているという患者は年々増加傾向にあり、それにともない花粉症の症状も多様化してきています。花粉症患者のなかには鼻づまりのほかに発熱や頭痛などの症状を併発する方も増えていると言いますし、花粉症を患っている方のなかには花粉の飛ぶシーズンになると軽い鬱になるという人も多いと言います。
まず、花粉が原因のアレルギー性鼻炎による鼻づまり対策としては、花粉の飛ぶシーズンに外出する時には必ず防塵マスクをするのが基本の鼻づまり対策です。そして、重度の花粉症には専門医のもとで治療をすすめていくのが最も良い方法でしょう。花粉症の治療と言えば、かつては抗生物質などの投薬による薬物治療がポピュラーな方法でしたが、最新の花粉症の治療ではレーザー治療、手術療法、DNAワクチン療法、ペプチド減感作療法、減感作療法、ネブライザー療法など、次々と新しい花粉症の治療方法が開発されています。医師と相談しながら、自分に最も合った治療方法を進めていくことが花粉症による鼻づまり解消の一番の近道と言えるでしょう。

鼻づまり解消の民間療法

鼻づまり解消の民間療法では「鼻を暖める」という方法が昔から行われています。鼻を暖めることで鼻の粘膜の血行が改善され、鼻づまり解消に効果的と言われています。お風呂で暖まると鼻水が出てきたり、寒いところから急に暖かい部屋に入った時に鼻水が出てくるのと同じ原理です。さらに鼻を暖めることで鼻づまりを起こす化学物質を抑える効果もあると言われています。鼻を暖めるには適度な熱さの蒸しタオルなどが良いでしょう。仰向けに寝て蒸しタオルを鼻のせたまま暫く安静にしていると鼻水が出てくるので鼻が通ってスッキリします。また「鼻うがい」などの民間療法は鼻づまりや風邪の予防に効果的と言われています。
また鼻づまりの原因のひとつである花粉症は生活習慣の変化が大きな関係があると言われており、花粉症に効果があるという飴やお茶などの健康食品から、ヨーグルトなどの食事療法まで様々な食品や民間療法が人気になっています。鼻づまりの民間療法は個人差があり信憑性に欠けるところもありますが、鼻づまりが少しでも楽になるのであれば、いろいろな民間療法を試してみるのも良いでしょう。

赤ちゃんや子供の鼻づまり解消法

自分で鼻をかむことのできない赤ちゃん(新生児)や子供の鼻づまり対策は、お世話をしているママやパパが鼻づまりを解消してあげるしか方法がありません。一昔前であればママが赤ちゃん鼻を口で覆って鼻水を口で吸い出してあげるという方法がポピュラーでしたが、風邪などが原因の鼻づまりの場合ですと鼻水を吸い出したママに感染してしまう可能性がありますし、上手に吸い出せないというママも多くなっているのが現状のようです。
そんなときにお勧め鼻づまり解消法が、赤ちゃんの鼻水を吸い出してくれるスポイトやノーズピースという鼻水吸い取り器です。赤ちゃん用のノーズピースは先端も丸くなっているので鼻の粘膜を傷つけることもなく安心して鼻水を吸い出せます。薬局やドラックストアでも購入できるので、赤ちゃん用の面棒などと上手に併用して鼻水を吸いだしてあげるのが良いでしょう。最初のうちは赤ちゃんが少し嫌がるかもしれませんが、慣れてしまえば大丈夫です。また、耳鼻科や小児科に行けば赤ちゃんの鼻水を吸引してもらうことも可能です。赤ちゃんや子供の鼻づまりが悪化すると蓄膿症や中耳炎になることがらうので、こまめに鼻水を吸い出してあげるようにしましょう。
独自ドメイン取得